mucchinのAndroid戦記

Eclipseでのパーミッション(Permission)の設定方法

スポンサーリンク

Eclipseで、Androidアプリのパーミッション(Permission)を追加したりする設定方法は?

Androidアプリは、通信を行ったり、GPSを使ったりするためには、アプリケーションへパーミッションの設定をしなければなりません。
Eclipseでのパーミッションの設定方法を説明します。


Eclipseで、パーミッションを指定したいAndroidアプリのマニフェストファイルをAndroid Manifest Editorで開きます。
通常は関連付けられているので、ダブルクリックでOKです。
そして、Permissionsタブを開いてください。以下のような画面が開きます。
Eclipseでのパーミッション(Permission)の設定方法
上記画像赤枠部分の、Addボタンを押すと、以下の画面が開きます。
Eclipseでのパーミッション(Permission)の設定方法
そして、「Uses Permission」を選択します。(「Permission」ではありません!!)
すると、ウィンドウが閉じ、以下のようにUses Permissionの項目が追加されます。
Eclipseでのパーミッション(Permission)の設定方法
上記画像赤枠部分のプルダウンメニューより、追加したいパーミッションを選択します。
選択後、Ctrl+Sなどでマニフェストファイルを保存すればOKです。
追加したいパーミッションの分だけ、上記手順を繰り返してください。


追加すると、マニフェストのXMLファイルに以下のような記述が自動的に付加されているのがわかります。
<uses-permission android:name=”android.permission.xxxx”></uses-permission>


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 3 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
* (公開されません)

*

*

Return Top