mucchinのAndroid戦記

AdMobへのAndroidアプリの登録とSDKのダウンロード方法

スポンサーリンク

AdMobを実際にAndroidアプリへ組み込むにはどうするの?

前回までの以下の記事の続編です。
Androidアプリで広告収入を得る方法 「AdMob」
Androidアプリで広告収入を得れるAdMobへの登録方法

今回は、AdMobへアカウントを作成した後、何をするのか?を説明したいと思います。


AdMobへAndroidアプリケーションを登録

まずはAdMobへ、広告を掲載したいAndroidアプリケーションを登録します。
AdMobへログインして、「サイト及びアプリケーション」->「サイト/アプリケーションの追加」を選択します。(下図参照)
AdMobへのAndroidアプリの登録とSDKのダウンロード方法


すると、以下のような画面が表示されますので、「Androidアプリケーション」を選択します。
AdMobへのAndroidアプリの登録とSDKのダウンロード方法


すると、以下のように、Androidアプリの情報を入力する画面が開きます。
AdMobへのAndroidアプリの登録とSDKのダウンロード方法
「App名」にはアプリケーション名を入れます。
「AndroidパッケージURL」は、以下のいずれかです。
「market://details?id=<packagename>」
もしくは 「http://」
Androidマーケットに登録しているのであれば、前者の「market://」を、そうでない場合は、単に「http://」とだけ入力すればOKです。
私はまだAndroidマーケットに登録してませんので、「market://」の仕様をよく知らないんですが、またわかったら更新しておきます。

「ジャンル」は、選択肢の中から、Androidアプリのジャンルを選択します。
「Appの説明」は、そのAndroidアプリの概要を入力します。

各項目の入力が済んだら、「次へ」ボタンを押します。


スポンサーリンク


これで、AdMobへのAndroidアプリの登録は一応完了です。
以下のような画面が表示されます。
AdMobへのAndroidアプリの登録とSDKのダウンロード方法

この画面で、AdMob Android SDKのダウンロードと、SDKの説明書がダウンロードできます。
「AdMob Android SDKのダウンロード」ボタンを押して、AdMob Android SDKをダウンロードしましょう。
内容は、Androidアプリのプロジェクトに組み込む「admob-sdk-android.jar」と、サンプルアプリのプロジェクトと、javadocが格納されています。
また、「AdMob Android SDKのダウンロード」ボタンの下にあるPDFファイルのリンクも押して、PDFファイルもついでにダウンロードしておきましょう。
説明書もjavadocも英語ですけど・・・。

この画面でダウンロードしておかないと、後でダウンロードできません。
いや、出来るんですが、別のAndroidアプリを、これまでの手順をもう一回行って登録して、この画面を表示させないとダウンロードが出来ないんです。
なんて不親切な・・・、と思いましたが仕方ありません…。

ちなみに、複数のAndroidアプリを登録する事も当然出来ますが、そのたびに、AdMob Android SDKをダウンロードする必要はありません。
どのアプリの登録完了画面でダウンロードしたAdMob Android SDKも、中身は全く同じです。
別々のアプリの登録後にダウンロードしたファイルを比較したので、間違いないです。
(とあるサイトでは、アプリ毎にSDKの中身が違うと取れる表現もありましたが。)


これでAndroidアプリに、AdMob広告を埋め込む前準備はOKです。
次回は、実際にAndroidアプリにAdMob広告を埋め込む手順を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top